警報発表時等の対応について


大雨等の警報が発表された場合には,下記のとおり対応することと致しますのでご承知おきいただき,御理解・御協力くださいますようよろしくお願い致します。

■警報等への対応1(登校時)

 段階 時間 内容  備考 
 STEP1  〜6:00  情報収集  地域等からの情報収集
 STEP2  〜6:10  校長判断・決定  PTA会長,近隣小中学校との情報交換
→臨時休校,自宅待機,登校時刻変更等
 STEP3  6:10〜6:40  家庭への連絡  緊急連絡網による

※特に学校から連絡がない場合には,通常通りの登校となります。
※危険な状態が予想される場合には,保護者の判断で自宅待機等をさせてください。その際は,必ず学校へ連絡してください。

【休校などの一般的な判断基準】
(1)大雨…午前6時の時点で大雨洪水警報が出されており,校区内の河川の増水や崖崩れなどで児童の登校や下校の安全が確保できないことが予想される。
(2)台風…警報が出ていなくても,午前6時の時点で予想コースにあたり,台風が接近(通過)している。当日中に大きな影響が予想される。
(3)大雪…午前6時の時点で大雪警報が出されており,風なども強く見通しが悪くて登校が困難,引き続き断続的に雪が降り続くと予想される。

警報等への対応2(下校時)

1 授業打ち切りにより下校時刻を変更 
  → 連絡網で,下校時刻・下校方法を連絡します。
2 天候の急変により児童だけの下校が危険
  → 教職員が一緒に下校
  ※さらに危険が高まった場合には,児童は学校に待機させます。
   保護者の迎えをお願いします。
   迎えに来られるまで,原則として児童は学校で待機します